.

外国為替平衡操作(為替介入)は耳にした事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞記事、雑誌記事、グーグル等の情報で見た方もいると思います。

元より為替への介入といえば我が国においては、・大臣(財務大臣)円相場の安定を保つように実施するやり方ということで位置づけられています。

わかりやすく言うと、急激な円高もしくは円安の場合に財務大臣の指図をもとに日本銀行が日本円を取引して為替相場を安定化させるということです。

為替介入(外国為替平衡操作)にはいくつか方法があるのです。

1.単独介入・・・行政機関もしくは中央銀行(日本銀行)が東京での市場で市場に入って来て為替介入をする。

2.協調介入・・・いくつもの銀行などが話し合ったうえそれぞれの通貨当局の持ち金を出して同時もしくは引き続いて外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・他国の通貨当局への為替の介入を委任する。

4.逆委託介入・・・日銀が海外通貨当局に成り代わり介入を実行する。

このような種類です。

いずれのやり方の外国為替市場介入(為替介入)も一時、もしくは引き続いて為替レートに多くの影響力を与えるでしょう。

為替の介入の金額は当たり前ですが国家の面目をかけて行なうのですから桁外れです。

円を元にみると、いつもは数銭ずつ動く円相場が突然大きく動きをするのです。

個人の投資家の人であれば一回は経験していると思うのですが今までうまく含み資産(あるいは損失)が増加していた保有高をキープしていたのですが、持ち高が決済しましたと通達がFXの業者からEメールが・・・どれほどの儲けかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済された状況を見ると、自分が推測していた状況とはまったく逆の状態となってしまい度肝を抜かれたというパターンがよくあります。

外国為替市場介入(為替介入)が行なわれた場合に多く聞いた話なのです。

こういったことから為替介入(外国為替市場介入)が行なわれることで、市場のトレンドと逆の動きをするものなのです。

変動する金の範囲は非常にでかく変動するため注意が必要なのです。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.top10losdiezmasymejores.com All Rights Reserved.